肌荒れやニキビで肌が汚れてしまっていることは、太っていることと同じくらい女性にとって大きな悩みなのです。それゆえ、多くの女性は「美顔」を目指して日夜涙ぐましい努力をしていると言ってよいのです。

他方、肌が汚い女性に対して男性が抱くイメージはかなり辛辣なものであると言えます。「肌が汚い女性は生活がだらしなく乱れている」「肌が汚い女性は臭い」、また「肌が汚い女性に美人はいない」といったようなかなり手厳しいものになっているようです。

しかし、このような印象はまったくのステレオタイプ的で身勝手なイメージと言えるのです。それは肌が汚いからと言って必ずしも夜遊びばかりしている訳ではありません。また、「肌が汚い女性に美人はいない」もまったくのウソです。肌が荒れていても綺麗な女性や可愛らしい女性はたくさんいます。そして、「肌が汚いと臭い」といった印象も事実無根なのです。単なる誹謗中傷と言ってよいのです。

肌が汚いのは本人の生活態度ばかりのせいではありません。体質的にニキビや吹き出物が出易い女性もいますし、またストレスから肌が荒れてしまって汚れてしまうこともあるのです。生理によって肌が荒れてしまう場合もあります。そのような原因で肌が汚くなってしまうのは、その女性の責任とは言えません。
それゆえ、肌が汚い女性に対して身勝手なレッテルを貼り付けるのは男性の傲慢さゆえの何ものでもないと言えるのです。そして、“肌が汚い”との理由だけで、その女性の人格を否定するような言動は人として控えるべきでしょう。肌が荒れていたり肌が汚いことを誰よりも痛感しているのは、その女性本人なのです。